******************************

自分の記録と気持ちの整理 今後こんなことがないように
戒めとして記事に残してます。
おもしろさもDIYもありません。

******************************


麻酔からまだ覚めきってない小鉄は ぐったりとしてたけど
温かくって ふわふわでやわらかくって・・・

涙が我慢できひんかった。

先生が今後のことと どう処置をしたかを話し始める。

まず、胃の入り口付近にあったおやつは いったん胃の中に押し込んだこと。
取り出せそうなものは 少量であったが取り出したこと。
食べ物なので このまま消化されるであろうこと。
内視鏡の処置の最中に おやつそのものがほぐれていったこと。

「問題は今後です。」先生が少し声を張った。

かなりの回数おう吐を繰り返したために
食道と胃がかなり荒れて炎症をおこしてること。
逆流性食道炎がやっかいなこと。
1週間きっちりお薬を飲ませること。

DPP_0607.jpg

水薬。錠剤。粉薬。

DPP_0608.jpg

回数と量と飲ませるタイミングをきっちり説明され頭に入れる。

お薬を用意するのと もう少し麻酔が覚めるまで待合室で待つ。

ヒョウゴ君に小鉄の画像を添付して無事処置完了のメール送信。
(このとき、とんでもなくバカな自分をヒョウゴ君の帰宅後に知ることになる。)


「小鉄。」
声をかけながら なでてると 頭を上げようとしたり
手をぺろっと舐めてくれたり。

ごめん。ほんまにごめん。
小鉄全然悪くないのに。
みーちゃんが全部悪いのに。
小鉄だけがしんどくて苦しくて・・・。




DPP_0596.jpg
(帰宅後しばらくたってからの小鉄。)


薬の準備ができて お会計に呼ばれる。
もう一度会計のときに 薬の説明をされる。

DPP_0606.jpg

会計 50,760円

ここで 一瞬我に返る。
お・・・お金・・・足りる?

家出るとき 自分の持ってた有り金全部わしづかみにして
鞄にいれたけど いくらあった?
あ・・・帰りの交通費たりる???

会計後 なんとか電車賃だけは残る形で会計を済ませる。

駅までタクシーに乗るお金もないので
小鉄はキャリーバッグに入ってもらって 歩いて駅まで。
歩くと遠い。
でも、行きしなより 気分も足取りも軽くなった気がした。

DPP_0600.jpg
(帰宅後しばらくしてからの小鉄。)


家に着いて キャリーバッグから自力で出ることもまだできひんかった。
そーっと出してあげたら まだ朦朧としてる中 ウロウロウロウロ・・・。

ふらつきながら トイレでウン○。

そんなん そこらへんでしたらいいのに・・・
ここで緊張の糸がぶっつり切れて ワアワア声をあげて号泣してしまった。

泣きながらウン○をトイレに流して戻ったら
また ウロウロウロウロしてる小鉄。

またしても ふらつきながらトイレでオ○ッコ。

なんでこんなときまで しんどいのにトイレに行くねんな。
そこらへんでしたらええのにからー。
そんなことをワーワー言いながら泣きながら 小鉄を抱っこしてた。

小鉄は泣いてると必ずやさしくしてくれる。
自分がめっちゃしんどくてもみーちゃんが泣いてるからってペロペロ。

いつまでも泣いとったら 小鉄もゆっくりできひんし しっかりしないかん!
小鉄を寝かして 部屋中のおう吐の後を掃除する。

ふと 気がついたら ヒョウゴ君から着信アリ。

かけなおす。

ヒ 「おまえ 今どこやねん?」
み 「家やで。掃除しとったわ。」
ヒ 「そうなん?病院 金足りたんか?てゆうか おまえ金持ってたんか?」
み 「足りたーギリ足りた。電車賃だけはかろうじて残ったから大丈夫やった。」
ヒ 「麻酔のついでに歯の歯石とかゆうてみた?」
み 「そんなん頭になかったわ。それどころちゃうやん。」
ヒ 「やっぱりか。気きかんやっちゃのう。」
み 「それに歯石とか取ってもらったりしたら絶対お金足りひんかったし。」
ヒ 「なんぼやったん?」
み 「5万ちょっと。」
ヒ 「おまえの油断と怠慢で5万かー笑」

このあと なんかわからんけど 声聞いて安心したんと 怠慢で5万ってゆわれたの
とかで よくわからんくなって 泣きながら笑ってた。

こんな会話を電話でしたと思う。





ドアのカギを開ける音がする。

小鉄はふらつきながらも ワンって吠えて ヒョウゴ君の姿に喜ぶ。

いつもやったら 飛びついて 靴下争奪戦になるけど
それもできひんかったけど 時間をおうごとに しっかりしていってた。

お薬飲んでほしくて ご飯を少しあげたけど まったく食べたがれへんくって・・・。
お皿を置いたままにしたら ほんまに ちょっとづつ ちょっとづつ ゆっくり ゆっくり
自分で食べてた。

ここで、ヒョウゴ君から衝撃の事実が語られる。

「おまえ・・・どこにメールしとんねん。」

はあ?何がよーw ってゆうたら・・・

ヒョウゴ君が パソコンを見ながら 「こっちにメール送っても気付きませんけど。」
やってーwww

しまった!
あんまり何回も仕事中に電話したらアカンと思って
処置完了しましたは 電話じゃなくてメールにした。
ここまではよかってんけど 小鉄の無事な姿を見せようと思って
携帯のカメラで写真撮って メール送信したけど
どうやら 送信先を ヒョウゴ君の携帯やなくてパソコンにしてもうたらしい。

そういえば 携帯のときは画像の大きさ選択でるのに
出てへんかったけど まあいいか。って確認もせえへんかった・・・。

病院の治療費も その場で足りひんかったら
後日振り込みとかもできるやろうってゆわれたーw
「そんな 10万も20万も緊急ってときに持ってる人のほうが少ないやろ。」
ってゆわれたーw

なんやねん。知らんかってんもん。そんなん。
ごめんなさい。



夜 寝るときになって 抱っこでベッドに連れてくんが日課で
ベッドに連れてったら ヒョウゴ君に怒られる。

「落ちたりしたら危ないやろ。」

まさにそのとおり。
でも、小鉄と和室で寝るってゆうたら また 「過保護か」ってゆわれそうで。

みーちゃん側のベッドの下に みーちゃんが枕に敷いてるタオルを置いてやる。

すっごい不満気に みーちゃんを見る小鉄。
「ごめんな。今日は下で寝てな。危ないから。」

タオルで寝るようにうながしてやると ちょっとタオルをクンクンして
落ち着いたようにタオルに横になる小鉄。

寝るときは お腹をトントンされたい派の小鉄は 手でチョイチョイって
トントンしてほしいってゆうてきた。

トントントントントントントントン・・・ゆっくりトントンすること200回。
(寝れんかったので数えてた。)

お腹だして いつものリラックスポーズになって
スースー寝息を立ててる小鉄。
(反対側からも寝息が聞こえる。)

やっと悪夢から解放された気がした。

真夏の大雨とともにやってきた長い長い悪夢。
自分の油断と怠慢と不注意で招いてしまった悪夢。


ヒョウゴ君は みーちゃんに対して怒ることも責めることもなく。
治療費をくれた。

「これからは十分注意してくださいよー」って。


怒られるより 責められるより きつい。

まだ 頭の中で昨日のことが走馬灯みたいにグルグルグルグル・・・。
謎の頭痛と胃痛 なぜかみーちゃんが胃酸があがってくる吐き気にみまわれ
でも、小鉄が足元で スースー寝息をたててくれるから 平気。

こんなん どうちゅうこともない。
昨日の小鉄の苦しみに比べたら なんてことない。



改めて感じたこと。
人間の救急病院はいっぱいあって 最悪 救急車とかも呼べるのに
動物の救急病院はそうやないんやね。

24時間救急って ゆうてても 「診療は20時からです。」の
留守番電話のアナウンス。

正直、きつかった。
24時間救急って なんやねん。
悪いんは あたしやけど 24時間の意味は?とか
いろいろ思った。

それをふまえての 今回の反省と戒めのための記事。
忘れたらあかん。

油断と怠慢と不注意
今回の悪夢は覚めてくれたけど
次の悪夢は 一生覚めへんかもしれへん。

今のこの気持ちを忘れたらあかん。
もう2度と味わいたくない。



今 現在 生きてるってゆうのは普通とか日常とか当たり前じゃない。

今 現在 生きてるってゆうのは普通とか日常とか当たり前ってゆわれる
最大の 幸せです。


小鉄ほんまにごめんな。
小鉄ほんまにありがとう。

もう2度と悪夢は招きません。
スポンサーサイト
2014.08.04 Mon l 俺様、病院。 l COM(8) l top ▲

コメント

小鉄ちゃん、がんばったね
みーちゃんあまり自分を責めないでねv-390
薬をちゃんと飲んで早く元気になってねv-343
2014.08.04 Mon l 奈々&純. URL l 編集
No title
みーちゃんの覚悟、心意気に感動しました。
小鉄ちゃん、大事に至らなくて本当によかったね。
息をのむ思いで(1)、(2)と読み進めました。
みーちゃん、しっかりしてるよ!!
すごく落ち着いて冷静に対処してる!
頭のいい方なんだな~と思いました。
実は私も ぽーがビックリな事態になったのですが、オロオロして かかりつけの動物病院の名前すら ド忘れしましたよ。(- -;

今回の事は、誰でも起こしそうな事故だと思います。たぶんみーちゃんは 本当に2度としないと思うし、私も気を付けようと思いました。

そしてヒョウゴくん、やっぱり頼りがいがあって 男マエですね~。
こんな方がそばにいてくれて、良かったですね。^ ^
2014.08.05 Tue l あーさん. URL l 編集
No title
みーちゃんさん、とってもお疲れになったことでしょう。
小鉄くんは元気になってきましたか?
ワンコだって人間だって、ずっと離れずにそばにいて生活するなんて無理なんだし、たまたまそのタイミングにあたってしまっただけだと思うから・・・
なるべく自分を責めないでくださいね。
早く元気にお散歩に行けるようになると良いですね。

↓またまたご紹介していただいてありがとうございました。
お礼が遅くなってしまってすみませんでした。
2014.08.06 Wed l ゆうひ. URL l 編集
奈々&純 ママさんへ
でも、やっぱり あたしのせいなので・・・
今後は絶対こんなことを起こさないために反省します。
薬・・・水薬が飲ませるの大変><
本犬はすごい元気になったよー
2014.08.07 Thu l みーちゃん. URL l 編集
あーさんへ
ほんまに大事に至らなかったことだけが救いになってます。
全然しっかりしてへんねん・・・。
だってずーっとしっかりして!お母さんやろ!って
声に出していいながら何したらいいかウロウロしてたもん。
かかりつけの病院はいつも使う項目みたいなのに登録してるねん。
でないといざって時にわけわからんくなるのがわかってるから・・・。
ぽーちゃん><早くいつものぽーちゃんに戻るの祈ってるからね。
2014.08.07 Thu l みーちゃん. URL l 編集
ゆうひさんへ
日を追うごとになんだかぐったりしてしまってるので
(あたし自身が)
小鉄とゆっくりのんびりしております。
小鉄はもうすっかり元気ですが まだ少しお薬生活です。
まだまだ本調子のお散歩は控えてますが本犬は行く気満々ですw

いえいえ><
やっぱり男前インテリアにはJUNKモスですねー^^
2014.08.07 Thu l みーちゃん. URL l 編集
No title
小鉄ちゃん、大事にならなくてよかった、よかった。
みーちゃんもお疲れ様でした。
ヒョウゴ君、いい旦那さんだねー♪
うん、ワタシも気をつけよ。

2014.08.08 Fri l ミセス. URL l 編集
ミセスへ
ほんま、大事にならんでよかったよー
めちゃ疲れたけど ほんまに疲れたんは小鉄やもんね。
ミセスはこんなバカなことせえへん思うけど
見てへんときに 何かあるってゆうのも
無きにしも非ずやから
気をつけるにこしたことはないなぁって
マジでおもう。
2014.08.12 Tue l みーちゃん. URL l 編集

コメントの投稿