手術の翌日、面会に行くと 朝一でもらってるご飯をいっさい食べてへんかった。
ケージ越しの面会になるかと思いきや
ケージのなかで大暴れしだしたので
点滴のチューブはずれてもアカンし、ケガしてもアカンので
チューブに気をつけながら抱っこ。

何でご飯食べへんの?食べなアカンやろ?って言いながら
ご飯のお皿を口元にもってったら

めっさ食べるやんwww
秒速で完食

んで、そのあとも抱っこしとったら ウトウトし始めたと思ったら爆睡。
この日はまだ痛み止めの点滴(麻薬)をしとったからか
抱っこのまんまずーっと寝てた。

O先生によると、O先生には懐き始めたらしく
近寄ってくるようになったそう。
基本がさみしがりやからなぁ・・・。

帰る時、ケージに戻したら大泣きの大騒ぎ。
それでも先生はできるなら毎日面会に来てあげてくださいと。

次の日も面会に。
この日はご飯もちゃんと食べとったらしく
トイレもいやいやながらケージのなかでしたらしい。

前日に置いて帰られたと思ってる小鉄は
めっちゃ好き好きチューチュー攻撃。
今日こそは連れて帰ってもらおうとがんばってたんやろうなぁ・・・。

そのがんばりの甲斐あって(?)何も問題なければ
月曜日に退院してもいいとのお達しが!!

ただ、カラーをつけてるから 車の運転のできひんみーちゃんには
連れて帰ってあげることが不可能。
ヒョウゴ君にできるだけはやく仕事終わらせて帰ってきて!って無理なお願いをする。

5月9日(月)無事退院。
術後の炎症で 手術直後よりも患部が赤く腫れてて痛々しい。
これは時間が解決してくれるので 包帯もないほうがいいとのことで
傷口丸出しで退院。

家に帰った直後、和室におろしてやると なぜか部屋中を猛ダッシュ。
走るというより 転げまわるの表現のほうが当てはまる感じ。
包帯を外したせいで 縫ってるとこが突っ張ったり違和感があるぽい。
ソファとベッドにも飛び乗ろうとして失敗してころんだりとか
大騒ぎやったから あわてて抱っこ。

入院してたときは包帯してたから 気付けへんかったけど
包帯をとったことによって 右足がないことに気付いたんかな・・・。
犬であってもショックを受けて精神的にやられてしまう子もおるらしい。

でも、ここからが親であるみーちゃんの出番!
あたしにできることは何でもしてあげたい。


IMG_0332.jpg
手術翌日から立ったり座ったりはケージの中でしてた小鉄。
退院当日は転げ回るようにしてた小鉄。
今はまだ不安定ながらも3本足でちゃんと歩けてます。



ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
スポンサーサイト
2016.05.12 Thu l 俺様と悪性シュワン細胞腫 l COM(4) l top ▲